猫茶園・2
nukochaen.exblog.jp

空っぽの両手が重すぎて 差し出せるものがなくても 
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
ぽつねんさん> 最初は..
by nukochaenn at 02:21
はい、こんなのも ! ..
by ぽつねん at 00:07
chocolatさん> ..
by nukochaenn at 21:55
真紅さん> あらうれし..
by nukochaenn at 21:38
こんにちは(^^)/ ..
by chocolat at 09:13
猫茶園さん・・・・! ..
by 真紅 at 07:25
sabunoriさん> ..
by nukochaenn at 00:11
最新のトラックバック
聖なるもの/守られたもの..
from 真紅のthinkingdays
2011年8月青島&ソウ..
from 龍眼日記 Longan D..
ブラック・スワン
from 龍眼日記 Longan D..

インスタグラムはじめました



気が向いたら押してください↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
外部リンク
ファン
記事ランキング
customize by Yoshimi & Takemi
パウンドケーキのコツ?
ガトー・ウィークエンド。レモン風味のバターケーキ生地に砂糖衣をかけたお菓子です。
普通はパウンド型で焼きますが、クグロフ型で作ってみました。
b0214436_1134828.jpg

ここ数年、パウンドケーキのレシピをいろいろと試しています。
パウンドケーキは小麦粉・バター・砂糖・卵を1ポンドづつ使うことからこの名前がついたと言われていて、細かく計量するのが苦手なワタシにぴったりなケーキ。世にあるパウンドケーキのレシピも様々ですが、多少配合の割合が変わっていたり、プラスする材料があったとしても、基本はこの配合です。
しかし材料の混ぜ方によって、味や食感はかなり違ってきます。

ワタシが今までに試した作り方は、大きく分けて3種類。

1.最初にバターに砂糖を加えて白くなるまで泡立て、そこに溶き卵、最後に粉の順番で混ぜる方法。

2.バターと砂糖を泡立てたところに卵黄を混ぜ、そこに粉、最後に泡立てた卵白を加える方法。

3.全卵と砂糖をスポンジを作る時のように泡立て、そこに粉、最後に溶かしバターを加える方法。

他にもいくつか違う混ぜ方はありますが、主にこの3種類をすこしづつやり方を変えながら何度か試していました。


b0214436_118979.jpg
今回作ったのは、3の方法。
焼き上がった時にあまり生地に高さは出ませんが(というより、焼く前の時点で生地にボリュームがあるので、焼くことによる膨らみが控えめ)、きめ細かく密な感じで、軽めの食感です。
そしてしっとり感を出すために、軽く水切りしたプレーンヨーグルトとはちみつを生地に加えてみました。それが良かったのが、自分でもかなり満足のできる焼き上がりとなりました。


b0214436_1183110.jpg
あこがれのしっとりパウンドケーキ・・・。ケーキ屋さんのパウンドケーキと家庭での手作りケーキとの大きな違いのひとつに、このしっとり具合があるんじゃないでしょうか。
焼きあがった直後から時間が経つにつれて、しっとり感も変化していきますし、どう変化するかも生地の混ぜ方によってそれぞれ違います。
混ぜ方の違いは置いておいて、その他の要素で、あこがれのしっとり具合を目指してワタシが今までやってきたこと↓

・ベーキングパウダーは入れない。(入れると生地がパサつきやすい)
・焼きすぎない。(生焼けが怖くて、つい焼きすぎになりがち)
・焼きあがって型から出したケーキに、型を逆さに蓋のようにかぶせて冷ます。
・ケーキが熱いうちに全体に洋酒を塗る。
・熱いうちに全体をラップでくるむ。
などなど。


b0214436_1232485.jpg
今回混ぜ方によって変わってくる焼き上がり具合や、時間の経過による食感の変化、自分なりの工夫などをきちんと書きだしてみようと思ったのですが、まだまだわからないことだらけで、しかもこんな回数ではデータもなにもあったもんじゃないという事が書いていくうちに身に染みてわかり断念しました。
たぶんこれからも定期的にパウンドケーキは作っていくと思いますけど、いつか自分なりの「コツ」みたいなものをまとめられたらなーと思います。
[PR]
# by nukochaenn | 2015-09-28 01:39 | お茶の時間 | Comments(2)
思い出の聚楽
PCの画像フォルダを整理していたら、かつて上野にあった聚楽の写真が出てきました。
b0214436_21285637.jpg
大きな電飾の看板にでっかく「聚楽」と書かれていましたが、正式名称は「聚楽台」。上野駅を出てすぐに見える西郷会館に入っていたレストランです。
写真のデータを見ると2007年の6月となっていました。以下、当時の写真の記録となります。

More
[PR]
# by nukochaenn | 2015-09-05 22:29 | | Comments(4)
キーライムパイ風レモンパイ
シムズの影響でアメリカンサンドイッチを作っているのを以前書きましたが、このシムズというゲームに非常によく出てくる料理のひとつにキーライムパイがあります。
b0214436_1337859.jpg
グラハムクラッカーで作った台に、大量のコンデンスミルクと卵黄、そこにキーライムという小粒のライムの果汁を入れて軽くオーブンで焼くだけのお菓子。フロリダの名物だそうです。


b0214436_13431692.jpg
これは一度作って食べたいと思ってたのですが、キーライムっておそらく日本じゃ滅多に手に入らないんじゃないかしら。そこで普通のライムで代用したレシピも多く見かけるのですが、だったらライムじゃなくてレモンでもいいよね、となって作ってみたのがコレ。
コチラのレシピをメインに、他にもいろいろ検索して参考にさせてもらいました。

お味はというと、あれだけ大量にコンデンスミルクを入れた割には、それほどコンデンスミルクが主張している感じではなく、酸味をおさえたまろやかなレモンカードといった感じ。小さめの型で焼きましたが、一切れぺろりと食べられる自分がおそろしい。
フィリングは混ぜるだけなので簡単だったけど、大変だったのがクラッカーで作るパイ生地。フードプロセッサーが無いので、クラッカーをジップロックに入れてめん棒で砕いたのですが、自分ではかなり細かく砕いたつもりが、粒が粗くて型に敷くのにものすごく手間取りました。途中でコレはイカンと砕き直し、まとまりやすくするために小麦粉と牛乳を少量加えるレシピに変更するも、それでもボロボロと崩れて大変でした。グラハムクラッカーを見つけられなかったので普通のクラッカーを使いましたが、マリービスケットとかを使ったほうがまだまとまりやすかったかもしれません。


b0214436_13534416.jpg
そして今回作ってみようと思ったきっかけがもう一つありまして。それは30年くらい前(!)に一度だけ母が作ってくれたパイ。たぶん雑誌に載っていたレシピを見て作ったと思うのですが、コンデンスミルクの入ったフィリングにメレンゲを絞って焼いたパイで、それがとてもおいしくて今でもあの味を覚えているけど、作ってもらったのはその一度きりでした(おそらくカロリーが・・・と思ったんでしょう)。
今回キーライムパイ(もどき)を作ったのは、もしかしてあの時のパイはコレのアレンジレシピだったのではないか?というのを検証したかったというのもあります。残念ながらちょっと違ったみたいですが(思い出補正もあるので何とも言えないけど)、しかしコンデンスミルクを使ったパイでちょっとしたアイデアが浮かんだので、今度それを試してみたいと思います。
[PR]
# by nukochaenn | 2015-08-23 14:13 | お茶の時間 | Comments(0)
もう8月
毎日暑いですね。
b0214436_1634532.jpg

でもワタシは暑さに負けることなく、元気いっぱいに過ごしています!



って、大ウソ。

More
[PR]
# by nukochaenn | 2015-08-02 16:54 | 日々あれこれ | Comments(4)
もう7月
東京では先週の長雨からいきなり夏になった感じです。
b0214436_20471777.jpg


最近はちょっとダレてて、ブログもサボり気味・・・というかネタがない!
そのかわりといっちゃなんですが、インスタグラムやってます。こちらのほうがブログよりは(まだ)更新してるので、よかったら見てください。

コチラ→

へんな名前ですが、そこらへんはスルーでよろしく^_^;
[PR]
# by nukochaenn | 2015-07-12 20:53 | Comments(0)
AX