猫茶園・2
nukochaen.exblog.jp

空っぽの両手が重すぎて 差し出せるものがなくても 
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
chocolatさん> ..
by nukochaenn at 21:55
真紅さん> あらうれし..
by nukochaenn at 21:38
こんにちは(^^)/ ..
by chocolat at 09:13
猫茶園さん・・・・! ..
by 真紅 at 07:25
sabunoriさん> ..
by nukochaenn at 00:11
こんにちは! 1人喫茶..
by sabunori at 08:07
ぽつねんさん> 仕事つ..
by nukochaenn at 20:56
最新のトラックバック
聖なるもの/守られたもの..
from 真紅のthinkingdays
2011年8月青島&ソウ..
from 龍眼日記 Longan D..
ブラック・スワン
from 龍眼日記 Longan D..

インスタグラムはじめました



気が向いたら押してください↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
外部リンク
ファン
記事ランキング
customize by Yoshimi & Takemi
み缶ゼリー
b0214436_23224682.jpg
みかんの缶詰を


b0214436_23235885.jpg
そのままゼリーに。
ある日ネットサーフィンをしていたら、缶詰をそのままゼリーにするレシピを見つけたので作ってみました。


b0214436_23245969.jpg
作り方はすっごく簡単。果物の缶詰を底のほうから缶切りで開けて(プルトップのフタじゃない側)、中のシロップをマグカップなどに分けておきます。そこにゼラチン一袋(5グラム)を入れたらレンジで30秒ほど加熱し、よく混ぜてゼラチンを溶かします。(その時煮立たせないように気を付けて)
シロップの粗熱がとれたら缶に戻しそっと混ぜて、冷蔵庫で固まるまで冷やします。


b0214436_23265259.jpg
完全に固まったらお皿に逆さにしてプルトップのフタを開ければ、固まったゼリーがつるりんと。
お皿に出す前に、缶をお湯にくぐしておくとキレイに出ると思います(たぶん)。


b0214436_232759.jpg
ゼラチンの量はお好みで加減してください。今回は一袋の4/5くらい入れましたが、やや固めの仕上がりでした。半分くらいでもいいかな?でもあんまり減らすと缶から出したときに崩れそう。
切って食べようかとも思ったけど、缶まるごとのビジュアルが楽しいのでそのままいっちゃいました。とってもお手軽なのでおススメです。

むか~し小学生の時に盲腸で入院したことがあるのですが、その時近所のおばさんからお見舞いにいただいた缶詰に、このまるごとゼリー缶があったと記憶しています。ただのミックスフルーツの缶詰だと思ったら、缶の形のままゼリーが入っててびっくりした思い出があるので、たぶん間違いじゃないハズ。今でも探せばどこかに売ってるのかな?
[PR]
# by nukochaenn | 2016-02-19 00:00 | | Comments(2)
ほめ日記 ~ソロリティ通信~
最近「ほめ日記」の存在を知りました

毎日一つでも良いので自分を褒め、ノートに書き記していきます

日記を書き進めるうちに
嫌いだった自分を愛せるようになったり
他人を許せるようになったり
以前よりも前向きな自分に気付いたりするそうです

はじめは自分の美点が見つけられなかったり、照れくさかったりと
上手く書けないかもしれません

それでもひたすら探すのです

「今日は二度寝せずに起きられたね、えらい」
「美味しくごはんをいただいたね、感謝の気持ちは大切だよ」

そのうち楽しくなってきて

「つらい時にも笑顔を忘れなかった、強くなったね」
「自分の為だけではなく人の為にもなる提言ができた、成長したね」

ほめる事が板についてくる頃には

自分を少しだけ好きになり

自分を取り巻く世界が少しずつ変わっていく事に気付きます

でも、変わったのは自分なのです

そして自分が変わると周りも世界も変わるのです

小さな日々のセラピーが

あなたに癒やしとしあわせをもたらすきっかけとなるかもしれません

b0214436_0113445.jpg


「ほめ日記 自分新発見~自分で自分を大切に」
手塚 千砂子 /三五館
[PR]
# by nukochaenn | 2016-02-11 00:18 | ソロリティ通信by猫茶姉 | Comments(2)
コーヒーとホワイトチョコのパウンドケーキ
って、タイトルそのままのケーキです。
b0214436_18374669.jpg
相変わらずパウンドケーキを焼いてますが、最近ちょっとプレーンに飽きてきたので、色つきの生地にしてみました。
寒くてバターと卵が分離しそうなので、全卵泡立て→溶かしバターの方法で作りました。


b0214436_18422224.jpg
コーヒー味のケーキにすることに決めて、中に何か入れたいなと思った時、ホワイトチョコおいしそう!とひらめきました。しかし刻んで中に入れるも生地と同化しててぜんぜんわかりませんね。たぶん卵を泡立てる時に弱火にかけて泡立てたので、生地の温度が高かったのが原因かと。それとその後溶かしバターを入れたので、それの温度もですね。


b0214436_18471385.jpg
ここらへんだと下のほうに沈んでいるチョコがかろうじて見えます。味はなかなかおいしいので、次回作る時はもうちょっとチョコを大き目に刻んで、全卵すり混ぜ方式でやってみます。



ちょいとブログを離れていましたが、気が付けばブログを始めて10年経つことになります。正直もうそろそろやめてもいいか思って、このままフェードアウトしようとしてたんですが、数日前に何の気なしにこのブログを自分で読み返してみたんですね。
・・・なんか面白かったんです、コレ。いや、自画自賛というわけではなくて、自分の日々の記録として。
あまり具体的に自分の身に起こったことを書いているわけじゃないけれど、作ったお菓子や撮った写真の向こうに、自分の日常の出来事が透けている感じがしたんですね。
というわけで完全に自己満足なんですが、この先も細々と続けていこうと思ってます。

もしこんなブログを読んでくださる方がいらっしゃるとしたら、何も有益な情報がなくてすみませんという気持ちと共に、感謝の言葉を述べさせてください。
どうもありがとうございます。

これからも、ワタシの旅はつづきます。(た、たぶん、ね)
[PR]
# by nukochaenn | 2016-01-24 19:11 | お茶の時間 | Comments(11)
ラベンダーのアイピロー
寝る時の枕元にラベンダーのサシェを置いています。特に寝つきが悪いほうではないんですが、なんとなくリラックスする気がするし、ラベンダーの香りが心地良いですしね。
香りが無くなったら中身を詰め替えるんですけど、ちょっと古くなったので新しいものを作ることに。せっかく作るので、今回はアイピローにしてみました。今まで使ってたサシェは、布を長方形に切って袋にして中身を詰めただけの物でしたが、寝るのが明け方になった時なんかによく目の上にのせてアイマスク代わりにしてたんですよね。だったら最初から目の上にのせる前提で作ろうかと。

b0214436_18433858.jpg
んでデザインですが、映画「ティファニーで朝食を」の中で、オードリーがつけていたアイマスクがかわいかったなーと思い出して、それを参考に。だいぶ元のデザインとは違う感じになってしまったけど、まあこれはこれでいっかということで。

b0214436_18473711.jpg
中には一回り小さい布袋が入っていて、その中に実家の庭で咲いたラベンダーの乾燥花を入れました。目の模様は刺繍でつけてみましたが、刺繍するなんて小学生の時以来!(しかもその時はマトモに完成しなかった気が)
集中して一気に作ったせいか、その後肩こり&頭痛がひどかったですが、久しぶりに針仕事をしてちょっと楽しかったです。
[PR]
# by nukochaenn | 2015-10-04 18:56 | 日々あれこれ | Comments(4)
パウンドケーキのコツ?
ガトー・ウィークエンド。レモン風味のバターケーキ生地に砂糖衣をかけたお菓子です。
普通はパウンド型で焼きますが、クグロフ型で作ってみました。
b0214436_1134828.jpg

ここ数年、パウンドケーキのレシピをいろいろと試しています。
パウンドケーキは小麦粉・バター・砂糖・卵を1ポンドづつ使うことからこの名前がついたと言われていて、細かく計量するのが苦手なワタシにぴったりなケーキ。世にあるパウンドケーキのレシピも様々ですが、多少配合の割合が変わっていたり、プラスする材料があったとしても、基本はこの配合です。
しかし材料の混ぜ方によって、味や食感はかなり違ってきます。

ワタシが今までに試した作り方は、大きく分けて3種類。

1.最初にバターに砂糖を加えて白くなるまで泡立て、そこに溶き卵、最後に粉の順番で混ぜる方法。

2.バターと砂糖を泡立てたところに卵黄を混ぜ、そこに粉、最後に泡立てた卵白を加える方法。

3.全卵と砂糖をスポンジを作る時のように泡立て、そこに粉、最後に溶かしバターを加える方法。

他にもいくつか違う混ぜ方はありますが、主にこの3種類をすこしづつやり方を変えながら何度か試していました。


b0214436_118979.jpg
今回作ったのは、3の方法。
焼き上がった時にあまり生地に高さは出ませんが(というより、焼く前の時点で生地にボリュームがあるので、焼くことによる膨らみが控えめ)、きめ細かく密な感じで、軽めの食感です。
そしてしっとり感を出すために、軽く水切りしたプレーンヨーグルトとはちみつを生地に加えてみました。それが良かったのが、自分でもかなり満足のできる焼き上がりとなりました。


b0214436_1183110.jpg
あこがれのしっとりパウンドケーキ・・・。ケーキ屋さんのパウンドケーキと家庭での手作りケーキとの大きな違いのひとつに、このしっとり具合があるんじゃないでしょうか。
焼きあがった直後から時間が経つにつれて、しっとり感も変化していきますし、どう変化するかも生地の混ぜ方によってそれぞれ違います。
混ぜ方の違いは置いておいて、その他の要素で、あこがれのしっとり具合を目指してワタシが今までやってきたこと↓

・ベーキングパウダーは入れない。(入れると生地がパサつきやすい)
・焼きすぎない。(生焼けが怖くて、つい焼きすぎになりがち)
・焼きあがって型から出したケーキに、型を逆さに蓋のようにかぶせて冷ます。
・ケーキが熱いうちに全体に洋酒を塗る。
・熱いうちに全体をラップでくるむ。
などなど。


b0214436_1232485.jpg
今回混ぜ方によって変わってくる焼き上がり具合や、時間の経過による食感の変化、自分なりの工夫などをきちんと書きだしてみようと思ったのですが、まだまだわからないことだらけで、しかもこんな回数ではデータもなにもあったもんじゃないという事が書いていくうちに身に染みてわかり断念しました。
たぶんこれからも定期的にパウンドケーキは作っていくと思いますけど、いつか自分なりの「コツ」みたいなものをまとめられたらなーと思います。
[PR]
# by nukochaenn | 2015-09-28 01:39 | お茶の時間 | Comments(2)
AX