猫茶園・2
nukochaen.exblog.jp

Show me something I've never seen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
ぽつねんさん> 仕事つ..
by nukochaenn at 20:56
わたしのような取り柄のな..
by ぽつねん at 09:17
ぽつねんさん> いつも..
by nukochaenn at 22:30
いやいやじゅうぶんでしょ..
by ぽつねん at 22:37
真紅さん> こんにちは..
by nukochaenn at 16:44
猫茶園さん、こんにちは^..
by 真紅 at 09:54
鍵さま> たしかに字面..
by nukochaenn at 21:19
最新のトラックバック
聖なるもの/守られたもの..
from 真紅のthinkingdays
2011年8月青島&ソウ..
from 龍眼日記 Longan D..
ブラック・スワン
from 龍眼日記 Longan D..

インスタグラムはじめました



気が向いたら押してください↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

外部リンク
ファン
記事ランキング
customize by Yoshimi & Takemi
あこがれの料理本
レアチーズケーキを作りました。
b0214436_14491362.jpg

このチーズケーキは入江麻木さんの「お料理はお好き 入江麻木の家庭料理」という本に載っているレシピです。
この本は昔実家にあって、美味しそうな料理の数々はもちろんのこと、写真の美しさや添えられたエッセイと、どれもがセンス良く眺めているだけで楽しい本でした。そして載っている料理を母にリクエストして、(ごくごくたま~にだけど)作ってもらった料理が、ほんとうにおいしかった。
小さい頃からワタシが興味を持ったものって、そこになにかしらの「あこがれ」を感じていたんだと思います。あこがれって書くと漠然としているけれど、実際にそれを手にしなくても見ているだけで幸せな気持ちになり、夢を見させてくれるものとでもいいますか・・・ちょっと上手く説明できないんですけれど。
ワタシにとってそんな憧れが詰まった本でした。
b0214436_15034349.jpg

もう一度この本を手元に置きたいとずいぶん前から探していましたが、出版元の鎌倉書房は無くなってしまい、古本屋やネットを探してもなかなか見つからず、たまに出てきたと思えば数万の値段がついていました。しかーし!何気なく検索した昨年の末、なんと復刊ドットコムから出版されるというじゃないですか。即予約を入れ、無事に手元に届きました。
b0214436_15111674.jpg

今回作ったレアチーズケーキはロシアで復活祭にたべられるパスハというものだそうです(著者の入江麻木さんはご主人がロシアの方だったので、本に出てくる料理もロシア料理が多いです)。パスハでぐぐってみるといくつかレシピがでてきましたが、もっと素朴な感じのレシピが多かったです。このパスハは入江さん自身正式に教えてもらったわけではなく、結婚したお家のコックさんが作るのを見ておぼえたのだとか。
b0214436_15313323.jpg

レシピの分量が多いので(クリームチーズが800g!本来は上の写真の記念碑型というので作るらしいです)1/4の量で作りました。アレンジで底にビスケットの台を付けましたが、ケーキ自体の配合はレシピ通りに。
レモン汁は加えないレシピなので、まろやかで濃厚、でもクリームチーズの酸味が微かに感じられる、なんともおいしいケーキになりました。
これからも少しずつ、本のレシピを作っていきたいと思います。
b0214436_15390336.jpg











[PR]
# by nukochaenn | 2017-02-05 15:46 | お茶の時間 | Comments(6)
たのしいペーパーフラワー
なぜか突然ペーパーフラワーが作りたくなりました。
b0214436_18302799.jpg
むか~し小学生の時に一度だけ作ったことがありましたが、それ以降すっかり記憶の彼方へと忘れ去っていました。
なぜに突然思い出したのかはわかりませんが、猛烈に作りたくなったのです。


b0214436_18365189.jpg
そこで当時読んでいた本をネットで探してみると・・・ありました。雄鶏社から出ていた「たのしいペーパーフラワー」。そうそう、この表紙のバラを作りたかったんですよ。(ちなみに古本です。雄鶏社も無くなってしまいました。)


b0214436_18404788.jpg
いざ作ってみると、想像していた以上にむずかしいです。これはぶきっちょ小学生だった当時のワタシには到底ムリだわ、と今になってわかりました。もうオトナなんだから丁寧にていねいにと、自分に言い聞かせながら作業します。


b0214436_18465448.jpg
昔作りたかった表紙のバラを、とりあえず5本作ってみました。
本には同じバラでもいろいろな方法が載っていて、これはデザインは変えずに一本一本違う作り方を試してみました。(ワイヤーのくくり方とかボンドを使うか否かなど)
作ってみてわかったのは、物が立体なだけに、角度によっていろんな表情が見えるということ。それとあんまりカッチリと隙が無く形作るよりも、少しだけルーズなほうが自然に見える気がします。(へたくその言い訳)


b0214436_1904755.jpg
せっかくなので実用品を、ということでコサージュを作ってみました。(自分で付けるわけじゃないですが)

昔は流行していたペーパーフラワー。今ではもうすっかり廃れてしまったせいか、材料を探すのも一苦労ですが、またいろいろ作ってみたいと思ってます。
[PR]
# by nukochaenn | 2016-08-13 19:24 | 日々あれこれ | Comments(4)
シェイクシャックのハンバーガー
ここのところいくつかアメリカのハンバーガーチェーン店が日本上陸!と話題になっていた(らしい)ですが、そのひとつ、シェイクシャックに行ってきました。
b0214436_2248271.jpg
行ってきました!というか、出不精なワタシを不憫に思った猫茶姉が引っ張り出してくれたんですけどね。


b0214436_22532180.jpg
有名な神宮外苑のいちょう並木の途中にお店があります。すごく並ぶというので気合を入れて開店一時間前に着きましたが、その時点ですでに待っている人がいました。椅子に座って待っていると、暑さを考慮してかお店の人からお水のサービスが。こういうのはうれしいですね。このハンバーガ印の水、ちょっと変わった味がしました。(決してマズイというわけではなく、普段ほとんどミネラルウォーターを飲まない貧乏舌なワタシの感想)
開店30分前くらいになった時点でお店の人から「こちらの日陰のほうにお並びください」との指示が出て、みんなぞろぞろと。しかし思ったほど列が伸びることなく開店時間をむかえました。


b0214436_2365818.jpg
じゃ~ん。こちらが注文の品。
最初は普通のハンバーガーにしようと思ってたんですけど、店員さんのおススメもあってシャックバーガーに。それとチーズソースのかかったフレンチフライとストロベリーシェイク。


b0214436_23111519.jpg
ここのビーフパティはホルモン物質や抗生剤を与えずに育てられたアンガスビー フを使用とのこと。大きさはごく普通のサイズですが、なかなか肉肉しい感じで食べごたえあり。


b0214436_23164950.jpg
フライドポテトは昔からあるギザギザタイプが一番好きなんですけど、こちらのお店はそのギザギザタイプでした!(他のファストフード店では見たことない)
チーズソースもおいし~。
それと写真を撮り忘れたけどストロベリーシェイクもとろりと濃厚なお味。溶けかけの状態だと、まるでハーゲンダッツのストロベリー味を飲んでいるようでした。これはスモールサイズで正解。


b0214436_23282394.jpg
居心地の良いテラス席で食べているとスズメが一羽やってきました。猫茶姉がパンくずを落とすと、すかさずくわえます。それを繰り返しているとテーブルにのってきて「あらかわいい、写真写真」なんていっているうちに、大胆にも食べかけのハンバーガーをすごいいきおいで突いてきました。
それにびっくりしていると更に大胆にトレーからポテトをひとつくわえ、あっという間に飛び去っていきました。都会のスズメはたくましい。

思ったほど人多くなかったねーと会話しつつ外を見ると、いつのまにかけっこうな行列ができていました。やっぱり人気のお店のようですね。
[PR]
# by nukochaenn | 2016-07-30 23:49 | | Comments(2)
神保町 ラドリオ
神保町の喫茶店ラドリオ。
b0214436_21593366.jpg
先日はじめて行きました。

More
[PR]
# by nukochaenn | 2016-07-10 22:38 | お茶の時間 | Comments(2)
マジックケーキ
マジックケーキとかガトー・マジックとか呼ばれている、1種類の生地なのに焼くと3層に分かれるというケーキ。
b0214436_21414410.jpg
面白そうなので作ってみました。


b0214436_21422944.jpg
上からスポンジ・カスタード・フラン(固めのプリンというかクラフティのような感じ)に分かれて焼きあがる・・・ハズですが、これで正解なのでしょうか。一番下のフラン部分がやけに薄い気がします。


b0214436_2148542.jpg
材料はごく普通のケーキとほとんど変わりませんが、牛乳がたくさん入ります。それと別立てにした卵白を最後に加えて、泡が混ざりきらない状態で150℃のオーブンで焼きます。
どうやらうちのオーブンだとちょっと温度が低すぎたようで、焦げ目が付くまでに+15分くらいかかってしまいました。次回はもう少し高めの温度で焼いてみよう。


b0214436_21542260.jpg
それとオーブンから出した後の焼き縮みが大きかったです。そういう生地なのか・・・いや、焼き加減の問題かな。


b0214436_21562276.jpg
たぶんプリンっぽい味だろうと思い、カラメルソースを添えてみました。うん、ほぼプリン。
カスタード部分が粉っぽくなるのかと思いきや、そんなことはなく、きっちり分かれて焼きあがる様は摩訶不思議。しゅわっとした軽い食感のスポンジとカスタードの組み合わせはなかなか美味しかったです。
[PR]
# by nukochaenn | 2016-06-29 22:10 | お茶の時間 | Comments(0)
AX